イベント成功への道
 
 

イベント成功への道 タイトル

NPOのイベントには、仲間内や地域で行なう手作りフリーマーケットのようなものから、公共の会議スペースを利用したセミナー形式のもの、ホテルを借りたフォーマルな形式のオークションを行うものまで、色々な種類があります。
どんな形であれ、皆で企画からアイデアを凝らし、準備の為に時間と労力を費やす必要がありますが、適切なフローでイベントの企画から実施まで行う事で、成功率はぐんと高まります。
それではNPOイベントを成功に導くためのフローを紹介しましょう。

イベント成功の秘訣

イベントの内容と目的を明確にしておく

イベントで何をして、どんな状態になりたいのか、具体的なゴールイメージを持つことが重要です。イベントを行う理由や想いをしっかり伝える事が、成功の秘訣につながります。

目的明確化のイラスト
目標の設定

趣旨に沿ったNPOイベントを企画するためには、団体の目的だけではなく、イベントの達成目標も設定していく事が必要です。
例)ブランディング〜CI・ロゴの制定
  イベントの概要を設定
  HPや手紙やDMによる情報発信


発信元のイラスト
開催日を決める

趣旨に沿った形で、イベントの計画や準備に十分な時間を取れるように開催日を決定します。イベントの規模やレベルによりますが、イベント開催までの準備期間は3ヶ月〜1年をお勧めします。開催日が地域のイベント(運動会や祭など)や、投票日、または参加見込みのある方々が参加できない日と重なっていないことを確認して下さい。また、開催日は決まったが会場の都合が合わないという事があるので、事前に会場の都合をチェックしておきましょう!
そして目標設定と開催日が決まった時点で、関係者のコンセンサスを図る為、企画書を作成する事をお勧めします。

計画をつくる

計画のポイントは、理想とする最高の結果を予想し、その結果から逆算して、開催日までに「いつ」「どこで」「どのような要件が必要で」「それは誰が担当し」「予算はどれだけ必要か」を細分化して書き出していくことです。ボランティアの支援がある場合は、書き出した要件を、更に小さな作業レベルに落とし込んでいきます。
今までイベントを開催した経験がある場合は、その経験を活かして、計画のレベルアップを図ります。成功した点は継続発展、悪かった点は改善します。

計画書イメージ
スケジュールを作成する

目標設定、イベントの企画、計画が決定したら、必要事項を全て記載した作業スケジュールやタイムラインの計画書を作成します。

次は計画を形にしていきます
1   2   3
Copyright(C)2011 Ace Design Co., Ltd. All rights reserved